交通事故豆知識~交通事故現場での初期対応(被害者編)~

こんにちは、スタッフの木村です。

今回は交通事故現場での初期対応第2弾、「被害者編」について少しお話します。

まず最初に警察への事故の届け出をすることです。

前回の加害者編でも書きましたが、被害者となっても、警察へ交通事故の届け出は必ず行わなければなりません。特に被害者になった場合、相手側から損害賠償を受ける立場になるのですから、公的な機関に事故の証明をしてもらえるようにする必要があります。

物損だけの事故、被害が少ない(見た目にわからない)場合や、加害者から警察には届けないでほしい、修理代は払うので現場で示談してほしいと頼まれた場合、自分自身や相手が急いでいる場合など理由は色々あると思いますが、相手方が必ずしも損害賠償をしてくれるとは限りません。事故後、お互い色々な知識が入ってきて記憶を自分のいいように変えてしまう場合もでてきます。

事故当時の状況が食い違うことも出てきますので、ご自身が不利な立場にならないためにも、交通事故に遭ったら警察への事故の届け出を必ずしましょう。警察は事故の事実を確認し、原因を追及し法令違反があればそれに対応した処置を行う機関で、過失割合を決定する機関ではありません。警察に届け出たからといって、過失割合が変わることはありません。

次に現場状況の確認・保全、目撃者等の確保です

救急車に乗って運ばれるような場合は、 警察も人身事故として現場見分する必要から事故現場に臨場してくれますが、救急車を呼ぶかどうか迷うような怪我の場合や、物損事故の場合は現場に警察官がこない場合があります。このような場合には、事故現場の状況を証拠に残しておくことが望ましいのです。可能な限り、現場状況の撮影(携帯電話やデジカメでもOK)しておくことも大事です。たとえば車の停車時の位置関係や損傷個所、標識の状況、路面についたスリップ痕やガードレールについた擦過痕など時間経過とともに消えてしまうもの、周囲の駐車車両の状況などです。撮影の要領としてはUPで写すことも大切ですが、全体の状況が分かるようにワイドに写すことも大切です。

しかし現場で冷静に対応することはなかなか困難ですので、ご自身の契約されている自動車保険会社に連絡し、何をすべきか聞きながら対応するのも一つです。

保険会社への報告

先にも話しましたが、現場で保険会社に連絡するのも重要です。事故の状況の説明をして事故報告をするとともに現場で何をすべきか指示を受けることもできるからです。

事故後、現場では緊張のあまり痛みを感じないことがあります。自宅に帰った後、首や腰が痛くなってくる場合がよくあります。この場合は少しでも違和感を感じたら病院を受診してください。事故と病院を受診するまでの期間が空けば空くほど、医師も痛みと事故の因果関係が証明しにくくなり、事故での受傷としての診断ができなくなります。

診断書が出たからといってすぐに人身事故になるわけではありません。診断書を警察に提出して初めて人身事故として取り扱われることになりますので、痛みがある場合は取りあえず病院を受診することをお勧めします。物損のままで済ます場合でも事故後数回程度の通院は自動車保険で治療費を支払ってくれることもあります。

事故の被害者になった場合、①警察への届け出 ②現場状況の確認・保全、目撃者等の確保 ③保険会社への連絡 ④病院への受診 を忘れないでください。

交通事故の治療は整骨院でも受けられます。おあしす整骨院大手院でも交通事故の治療を行っています。詳しくはご来院いただくか、お電話でお尋ねください。

カテゴリー: 交通事故治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です